Avec Grace Ballet blog

武蔵小山商店街内のバレエ教室 Avec Grace Balletのブログです。 小さなお子さんから大人まで,初めての方から経験者まで,丁寧に指導します。 詳しくはホームページをご覧ください。 http://avecgraceballet.com

こんなところで、、

3 教室裏手、右4軒隣に、不思議なお店がある。自宅の玄関先で故郷「秋田」の旅行案内や、地元の「はちみつ」角館の「しょうゆ」本当に美味しい「しゃけ」を売っている。
 ハタハタのオイル付けなどは、ロブションのシェフが、パスタ用に買いに来るという。
 たしかに、、、、。
鮭はものすごく懐かしい味がするし、ハタハタは新鮮な卵がびっちり詰まっている。
家の中にいらっしゃることが多いので、手前のベルを鳴らしてみてください。
気さくなおじさんが、すぐに出てきて対応してくれますよ。

注目ダンサー

  
石原一樹のコンテ作品を観た時に、この人のチラシが入っていた。一目見て惚れてしまった。
 小池ミモザさん。モナコ公国 モンテカルロバレエ団プリンシパルだ。
間違いなく、素晴らしいダンサーだ。
モナコは大好きな国。地中海を眺めながら、バレエを踊れるなんて。みんな、羽ばたこうよ。
15歳でフランスのコンセルバトワールへ旅立ったミモザさん。
たった一人で、10歳11歳で自立して海外へ渡っている子どもがいるんだよ。それが、芸術の世界。
先があるかどうかなんてわからない。うまくいくかなんてわからない。
自分に勝つしかないでしょう。
今、レッスン中に言っている言葉だよね。

才能

kabann再び、生徒の素敵な作品が届いた。
 初めてのトウシューズを解体して作ったというカバンだ。
先生に、、、相当褒められたらしいが、私もこのアイデアは素晴らしいと思う。

 6年生の八木沼花凛さんの作品。
解体に半分の時間をかけたと言っています。
 同じことをやることは簡単ですが、この発想力が大切。

 週末に、石原一樹君の「nega-陰」という振り付け作品を観た。正直、コンテについてはっきりとスキキライが分かれる。
 自己陶酔型がどうしても受け入れられないのだ。(これは。音楽もそうなのだが)一樹の作品は、それがなく、自然に受け入れられた。好感も持てる作品だった。
もしかしたら、セッション ベスト Award を受賞できるのではないか。羽ばたくことを期待している。
ギャラリー
  • こんなところに かっぱが
  • 我が、子どもたち(まさか・・・ 孫たち?)
  • 我が、子どもたち(まさか・・・ 孫たち?)
  • 我が、子どもたち(まさか・・・ 孫たち?)
  • ギエムをしらない、、、!
  • ギエムをしらない、、、!
  • ギエムをしらない、、、!
  • ギエムをしらない、、、!
  • 注目ダンサー2