A 午前に、教室の保険やらなんやらの手続きがあり、午後のレッスンまでの時間をどこかでランチしようと教室周りをぐるりと回った。
 すると、600円で天丼、てんぷら定食、まぐろ丼、お刺身定食、ふぐぞうすい、煮物定食、から揚げ定食が食べられるお店があるではないか。
 600円といえば、コーヒー一杯の値段と匹敵する場合もあるではないか。
うーーーん。入ったはいいが、細ーい海老がちょっと乗って天丼とか・・・・。
 すると、身なりの整ったご婦人がすっと入っていかれる。私も続いて入って行かれる。昭和なお店の雰囲気に、まだ疑心暗鬼である。
 4卓の掘りごたつ式テーブルがすぐに満席に。おや?隠れた老舗かも・・。
「天丼下さい」と頼んでみると、ご覧の通り立派な定食である。海老2本、なす2個なんとふぐの天麩羅2個。
しかも、幼い日々に遊んだ浅草の店と同じ味。これは、たれが3年4年ではないぞ。40年50年の味。大黒屋など今はいくらになっているだろう。
支払う時に「600円ですか?」消費税はなし?心の声がざわめく。絶対利益求めてないでしょう。

「おばさん、私、夜のすっぽん食べてみたいです」と言い残してお店を後に。
ぜひ、皆様そのすっぽん版を楽しみにしてください。

その隣は、恵比寿で予約が取れない賛否両論の兄弟弟子の店とかで、看板も出てないような小さな店ですが、ここも予約がないと入れないとか。
 ちなみにその有名なシェフ笠原さんは、武蔵小山出身(お父さんが鳥料理屋さん)で今はわからないが、武蔵小山在住らしい。

混むといけないので
お店の名前は控えます。(写真に載ってますね)