この夏も、出会いを大切に短い休みを楽しみました。
以前、ブログで紹介した田舎の蕎麦屋で隣に座ったご夫婦との縁は、今年も続いております。
陶酔房https://www.google.co.jp/search?source=hp&q=%E9%99%B6%E9%85%94%E6%88%BF+%E4%B8%8A%E9%83%A1&oq=tousuibou+&gs_l=psy-ab.1.0.0i4k1j0i4i30k1l6j0i5i4i30k1.1775.3612.0.6197.12.11.0.0.0.0.249.1348.0j8j1.9.0....0...1.1.64.psy-ab..3.9.1346.6..35i39k1j0i131k1j0i4i10k1.ooedogreuVQ#spf=1503622908586

{私が唯一口コミを書いているレストランで、5000件以上ヒットしているらしいです。でも、、、、お客様は相変わらず、とっても少なくて。(里山の奥地ですからね)この庭園、全て奥様一人で造られていらっしゃるということです。}へお誘いして、3人でお食事しました。
 お金持ち度はますますパワーアップし、とうとうこれから、駅前に(どこだかはあまり興味もなく忘れましたが結構大きな街でしたよ)ビルを建てるという話をしていました。私は「えーーー。これからですか?」とつれない反応。
それでも、とっても楽しいゆっくりした時間だったと言ってお別れすることになりました。
 
 ボーイズ夏期講習もコンクールも終わって、9月まではちょっと朝も時間があります。自然にユーチューブでバレエを検索するあたり、やはりバレエ好きなのだなーと思います。
 その中から、ローランプティの「ボレロ」をお届けします。
ベジャールの「ボレロ」は「愛と哀しみのボレロ」という映画の中で踊られて大ヒットしましたね。ですがこちらの「ボレロ」とてもエロティックです。なのに、いやらしさを感じさせず、肉体の美しさをこれでもかと見せつけられます。  つまり、芸術とはこういうものなのでしょうね。
是非ご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=sQ2chcGOJgY