Avec Grace Ballet blog

武蔵小山商店街内のバレエ教室 Avec Grace Balletのブログです。 小さなお子さんから大人まで,初めての方から経験者まで,丁寧に指導します。 詳しくはホームページをご覧ください。 http://avecgraceballet.com

2017年07月

暑い熱い3日間

 夏期講習の3日間が始まっている。
小学4年までは、茂木先生。5年以上はクリスチャン・ボジョリ氏による熱の入った夏期講習。
そして、めちゃくちゃ楽しい、筋トレ。1レッスンごとに、身体がしまっていくのが手にとるようにわかる。
でも・・・・。レッスンしていない夏休み、また身体が戻ってしまうんですよね。
1,・2年生のクラス
 とにかく足を伸ばすこと。1ミリも曲げちゃダメ。明日、動画撮りますね。
3・4年生のクラス
 エシャペ 120回頑張っている映像です。先生の育った教室は1000回位やるそうですよ・・・・。
みんなの死にそうなお顔はまた今度。
5・6年生のクラス
https://youtu.be/AyYv4jrNpHg

https://youtu.be/6ThGvaxZpyE
 フランス語のレッスン聞き取ってやっています。
バレエはフランス語とはいえ、我々教師の発音とは違います。


6年生以上
 一度説明を受けただけで同じように動ける力がつきました。すばらしい。
https://youtu.be/wJu9nu4TjyY


時代はトリプル

 イングリッシュナショナルバレエ団の話で盛り上がっている。
https://www.youtube.com/watch?v=jhxuXKWsem4
 

7月14日(金)18:30の日本公演で

アリ:セザール・コラレスがプリンシパルに昇格するという劇的な幕開けとなった。

 見ている若い女性が泣くほど興奮する踊りをするらしい。
この動画は、海外で踊ったこのバレエ団の芸術監督を務めるタマラ・ロホ(現在43歳でこの超絶妙技)とのグランパドドゥである。
さすがタマラ・ロホたった4年間でこのバレエ団を建て直し、世界1,2を争うバレエ団にしてしまった。
(私は、このような時代が来ると予感だけはしていました)
日本人の女性の声で「誰これ?すごい」と入っているほどすごい。
若い女の子たちがキャーと叫んでいるバレエって、久しぶりだと思う。

トリプルザンレールを3回連続軽々とし、パワーあふれるダンサー揃いのすごいバレエ団。
是非、次回は観に行きましょう。空席が目立ったようです。
観にいかれた方、ラッキーでしたね。

不思議な話

レストラン バレエよりも本が好きだった娘は、縁あって女子御三家の筆頭O学園にお世話になった。入学そうそう、お母様の中でも浮いている自分に気が付いた。
この学校好きになれるかな、と心配したのは、当事者より私だった。一言で言えば、色がない。無事、卒業してからありがたみがわかってきた。娘は、同窓生と遊びに遊び、私もいまだに「さくら会」と称して中学一年生のクラスで一緒だったママたちとお食事をしている。

 近年は、ずっと銀座の「エスコフィエ」そこで頂いた割引のはがきがとてもありがたかったので、出かけてみた。

 老舗ならではのお料理に堪能していると、ワイングラスの形がゆがんでいることに気がつく。そこへ、ソムリエがお醤油(四角い瓶に入っている)を持ってきて実験が始まった。醤油を丸く落とすものと、ざっと入れて形がいびつなものと2つ作る。「なめてみてください」の言葉に両方味わってみる。
「え!味が違う?」あきらかに、いびつな形の醤油はまろやかで、丸の醤油はしょっぱい。
「そうなんです。まだ、科学的に証明されていないのですが、液体は丸から丸へ移すと、味が変わってしまうことに気がついて、楕円のワイングラスを作りました」ということだ。
 なので皆さん。このワインおいしいと言っている皆さん。
それは、変化した味らしいですよ。本来の味は・・・・・
ということで、ワイングラス購入です・・・はい。

ちなみに、私はお酒はあまり得意ではないので、水のために購入しました。丸いグラスは軟水を買ってもグラスに入れたとたん硬水に変化してしまうそうです。
  ご存知でしたか?
ギャラリー
  • バレエのための乗馬(そして宇宙話し)
  • バレエのための乗馬(そして宇宙話し)
  • 不思議な話
  • 各地へ飛ぶ先生2
  • 各地へ飛ぶ先生 1
  • 再び食べログ 武蔵小山はやはり奥が深かった
  • 今月のクララ
  • 今月のクララ
  • 生後4ヶ月のシャンジュマン