Avec Grace Ballet blog

武蔵小山商店街内のバレエ教室 Avec Grace Balletのブログです。 小さなお子さんから大人まで,初めての方から経験者まで,丁寧に指導します。 詳しくはホームページをご覧ください。 http://avecgraceballet.com

2018年06月

アヴェックグラース家

321 アヴェックグラースには、たくさんの孫弟子がいる。ママがアヴェックでバレエを習っていた方々だ。遠くから通ってくれるので、本当にありがたい。

 R君は、幼児のころは自転車に乗っているパパに自転車を押してもらって、世田谷区(千束のずっと先)から通ってくれた。小学校1年のころは私が、車でお手伝い。そして、今は自立して通ってくれている。

 今週は、オーストラリアから来日中のKnaちゃんが、お子様連れで、会いに来てくれた。帰り際に「Erina ちゃん元気かな?」 Knaちゃんが言ったその瞬間Erinaちゃんから[先生、今日子供連れて親子クラス伺います]とメールが入る。思わず神は存在すると思った。親子クラスにやってきた、Wちゃんは自分のクラスが終わっても帰らず、次のクラスでも無謀なレッスンを喜んで受けて満足して帰っていった。
 ボーイズクラスのやんちゃ君たちも、「今日は○○君いない。どうしたんだろー」絶えず仲間を気にしてる。
ほんと、大家族だなーー。

一生かけて踊りました(バトンタッチ)

磯野千鳥これは衝撃的なスチールです。  「明子さん、ずっと踊りなさい。辞めちゃダメ」の言葉通り
88歳入院するまで、踊っておられました。8年前、私には「足のヘルペスになってしまって」とおっしゃっておられたのが、一番難しい場所といわれている癌だったということを、今日知りました。

 弱音を吐かず、最後まで「大丈夫。明日は家に帰ります。だんだん良くなってるの」と強気でした。

 右側が磯野千鳥さんです。
 日本の踊りを見事に変えた方でした。戦後の混乱期に宝塚音楽学校を首席で卒業し、一度も宝塚では舞台を踏めず、SKDの花形ダンサーとしてトップを飾っておられました。
 磯野さんの言葉で心に残っているのは「女の園ですからね。そりゃそりゃ、いやなこともたくさんありましたよ。でも、舞台では負けないって思って本当に負けなかった」とおっしゃっていた言葉です。

 昨日、この春宝塚音楽学校に合格した生徒の入学式の様子をたまたま朝からDVDで観ていました。その最中に入った訃報でした。

 晩年、スパニッシュに挑戦しているの(お写真は数年前のスパニッシュの会の様子だと思います)死ぬまで踊るわよ・・・。
誠に見事に貫かれた生涯でした。
魂を込めて踊ることを、私たちは引き継いで行きたいと思うのです。
80歳を越えてこの美しさ!驚愕です。
ギャラリー
  • 魚市場の移転
  • 夏期講習ボーイズ編
  • お待たせしました 2018 夏期講習
  • アヴェックグラース家
  • アヴェックグラース家
  • アヴェックグラース家
  • 一生かけて踊りました(バトンタッチ)
  • 一生かけて踊りました(バトンタッチ)
  • スキップ映像に癒され今日の疲れもさよなら