Avec Grace Ballet blog

武蔵小山商店街内のバレエ教室 Avec Grace Balletのブログです。 小さなお子さんから大人まで,初めての方から経験者まで,丁寧に指導します。 詳しくはホームページをご覧ください。 http://avecgraceballet.com

2020年02月

宝塚音楽学校文化祭

 朝、8時30分の飛行機で羽田を羽ばたき、伊丹空港へ。12時の文化祭まで時間たっぷりと思いきや、

そこそこの時間に宝塚大劇場へ入った。

 音楽学校で2年間頑張ってきた集大成を、この文化祭で披露してくれる。私は幼いころから宝塚を観てきたので、往年のトップスターが客席に座っているのを確認する。(実はずっと昔に、この兵庫の宝塚へやってきたことがあるが、温泉街の旅館群がホテルと高層マンションに変わり、砂利道の「花の道」は整備されたコンクリート道になっていた。ちなみに宝塚ホテルが大劇場の隣に建設中で、未だに進化し続ける宝塚の街並みだ。

 さあ、開幕。
 1部は歌の披露だ。オペラを披露してくれたソロのお二人の歌唱力は脱帽だった。オペラも聴くことがあるのだが、名だたるオペラ歌手の歌よりも引き込まれていく。これはなんだろう。そうだ、彼女たちは、歌だけではなく、踊りだけではなく、演劇を学び表現ができるのだ。美しい声。恵まれた容姿。人を魅了するドラマ性。その完成された芸術を17歳から19歳の若さで魅せてくれる。
 その後の、ダンス(モダンダンス・ジャズダンス・タップダンス)もしかりだった。
クラシックバレエは違う見方になってしまうので、外させていただこうと思う。
 すべてを観て感じたのは、。彼女たちは頭がとてもクリアで、キレッキレだということ。欠点のない身体と欠点のない人格。そして、頭がキレッキレ、ってそれは24倍にもなりますよね。
とにかく、人に引き込まれる不思議な時間を経験してスタジオへ帰りました。
 もうすぐ、初舞台!たくさんの人を夢の世界へ運んでください!

おつかれさまー

しんでれら12 2020年1月25・26日メルパルク

発表会お疲れさまでした。

 やっと、片付けも終わりだし(まだまだ全部は終わらない、、)

しばらく書けずじまいのご報告。本当は、踊る皆さんの画像を載せたいところですが、昨今の情勢を考えると載せられず、残念です。
受付を飾ったバルーンは、シンデレラのかぼちゃの馬車でしたね。
 小学生の時からF1レーサーで有名な野田樹潤https://www.juju-driver.com/さんのお母さまのショップで作っていただきました。
 素敵でしたね!

不備もありましたが、場当たり含む3日間を必死に走り抜けました。
出演者だけではなく、裏方さんたちも、朝1番からこのように、舞台を作ってくださっております。(普段、みなさんは舞台ができてからご覧になっていると思います)全くの箱状態から、あのような夢の世界を創るには、たくさんの裏方さんの働きがあるのです。
 重労働の、照明さん、大道具さんは、何故か近年女性の世界になりつつあります。毎年お世話になっているスタッフの皆さんありがとうございます。
 そして、子どもたちを見てくださる、谷バレエ団の皆さんの協力無くして、アヴェックの発表会はなりたちません。
 私の一言ですべてが動くのではなく、みなさんをコーディネートするのが私の仕事。
 何十年も一緒にやってきた舞台監督のあんぶんさん、ありがとう!新しい舞台監督さんと、アヴェックは羽ばたいていきます。

 皆さん、素敵な人生の1ページでした。拍手!

 最後に、客演してくださった、中島先生の演出なさった、東京シティーバレエ団のインタビュー映像を発見したので、そちらをご紹介。https://youtu.be/y38ZwtSK0Ug
ギャラリー
  • 謎の貼り紙から2か月
  • 謎の貼り紙から2か月
  • 謎の貼り紙から2か月
  • みらい
  • 目指します!美味しいスタジオ!?
  • 目指します!美味しいスタジオ!?
  • 目指します!美味しいスタジオ!?
  • 自粛生活の中で
  • 大切なもの 仲間