以前、ご夫婦で古民家を夫婦で再生してできたレストラン「陶酔房」をブログで紹介した。
私は、googleで口コミを唯一書いている。その口コミの反響が1万件を突破したとうれしいお知らせが届いた。
そのおかげではないと思うが、お店にも徐々にお客様が来てくれているらしい。突然お店から「モロヘイヤプリン」と「ケーキ」が届いた。「いつもありがとうございます。どうぞ召し上がってください」とお手紙が。いつもって、、、。
私は年に1回か2回しか行けないのですが、、、。
 ありがたく召し上がってみると。この「モロヘイヤプリン」は絶品。どうしよう。東京で売ってあげたい。
でも、東京にもってきたら、500円プリンになっちゃう。と一人悶々としてしる。みんなに食べさせてあげたーーい。

 そして、以前同じくブログでご紹介した、宝塚を一番でご卒業になられた「磯野千鳥」さんから、日曜のレッスンの後、お電話が入った。
 千鳥さん」「今日ね、舞台に立ってきたのよ」(彼女は70歳からフラメンコを習い現在88歳)
     「おとといね、救急車で運ばれたのよ。足がね、パンパンになっちゃって。ゾウさんみたいになっちゃったの」
       「でも、みんなに迷惑かけるから、今日舞台に立って踊ったわ」
                                       (決してまねをしないようにしましょう。危険です)
      私「一生踊ってくださいね」
 千鳥さん「ええ。90までは踊るわよ。明子ちゃんも、頑張りなさい」 
      (はい。頑張ります。でも。決してまねはしません。危険です)