iお酒の飲めない私。コーヒーにはまっている。といっても、エチオピアのモカとか、ブルーマウンテンとか覚えきれない種類の味を見分けるとか、とんでもないことだ。

 その中で、2つのこだわりで楽しんでいる。
まずは、朝のコーヒー(インスタントだってOk)の中に、ココナッツオイルを入れていただく。
[これはすごく良い効果が。砂糖、ミルクを入れることが嫌になるのだ。それどころか、砂糖が嫌いになってくる]
腸の調子も良い気がするし、嘘か誠か、アルツハイマー予防にも。
パリでバレエ教師をしている水本さんも、同じようにオイルを入れて飲んで楽しんでいるとブログで拝見した。

 さて、ご覧の写真は、ぎんざのcafe5 でいただける。
シードルコーヒー(シードルとは一般的にはりんごのお酒らしいですが、搾り出すの意味で、水出しコーヒーです)と甘いミルクのコラボ。
たまたま、砂糖とミルクが溶けて間もないので、3層に出来上がっているのがご覧いただけるでしょうか?
一昨年、バレエ留学の費用を送金しようと、銀座に出向き、ほっと一息フラッと入ったお店で出会った。
 一口飲んで、生きてて良かった!

 そして、シードルコーヒーを私に教えてくれたお店。
馬込にある、「楡」だ。70年続く老舗。
ここのアイスコーヒーを飲んだら、どんな疲れも癒してくれる。

 日曜日のコンクールクラスで、坂地先生に「何のためにバレエやっているの」と問われ、「お客様に見せるためです」と答えたみんな。(以前、長谷先生も言ってたね)人に感動を与えられるように、疲れた心を癒せるように、今日もがんばろうね。
 人に見せるためには、つらくても、苦しくても、痛くてもそれを見せちゃダメ。わかってはいるけどね、、、、。