ビルゲイツのウイルス戦争話が実現化してしまうと、北極に種を保存している彼は、未来の兵糧攻めを考えているのか?って思ってしまいます。
 難しいことはわからないので、下記の記事などをピックアップしてみました。
驚いたのは、悪い種を食べて育った人間は、子どもが作りにくい身体になってしまうとのこと。
これって、兵糧攻めどころか、ウイルスとともに人の数を減らすこともできちゃうってこと?
  
 手塚治虫氏の初代編集長がおっしゃっていますが、莫大な人口にご飯を食べさせるには、後戻りできないようです。
 みんなには、健康な身体を作ってもらって未来をしっかり繫げてほしい。

新しいスタジオになったら、食も考えられるようにしたいな!
安心な総菜に、安心なおやつ。食べさせてあげたい!
と日々考えております。今日も楽しくレッスンレッスン。
 



「遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です」――日本の農業と食をめぐる危機的状況、TPP参加でさらに悪化も~ジャーナリストらが警鐘


https://iwj.co.jp/wj/open/archives/244341

読むと後戻りできない「タネ」の話。手塚治虫『火の鳥』初代編集者が語る - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」


https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/negishi28