http://blog.livedoor.jp/chidori527/archives/51451712.html

 私が芸事を始めるきっかけになったのは、おばさん(血縁ではありません)が磯野千鳥という、SKDの看板女優(女性役で大幹部はめったにいませんでした)だったからです。赤ん坊のころから、磯野千鳥を観に、SKDへ通っていました。磯野さんは、戦後一期、宝塚音楽学校を首席で出られた方です。この年は、宝塚史上最大の受験者数で、一番で合格。いまだに、宝塚の式典には呼ばれています。(宝塚は首席というのは一生ついて回るらしく、式典は必ずお呼びがかかる)裁判官だったお父様から受け継がれた品の良さ、可憐なお嬢様は85歳ぐらいになられた今でも健在。本当にお美しい。
 80歳からスパニッシュを習って、膝の軟骨が磨り減って相当痛いにもかかわらず、発表会で踊っています。脚のヘルペスのお見舞いに行くと、ベットの上で背筋を伸ばしきちっと足をクロスさせ首筋もしっかり伸ばして座っていらっしゃいました。
 病にも決して負けない根性は、たいしたもの。
海賊公演に招いたお一人です。物静かな、柔らかいお人柄。いじめられたことも多々あるけど、「舞台の上では絶対負けない」が口癖です。見習いたいですね。
 
 宝塚音楽学校からSKDへ移行された方は、磯野千鳥さんだけだと思われます。
そうそう、先日℡で、私は今のバレエの方はわからない。バレエのお友達は谷桃子さんとおっしゃっていらっしゃいました。